本当のマーケティング目線とは?

こんにちは、米倉です。

マーケティングやセールスの勉強をすると、必ず
「お客様視点に立った提案や企画をしましょう」
と出てきます。

これはその通りなのですが、
慣れてない人が言葉通り受け取ると
「お客様の言うことを何でも聞く人」になりがちです。

実は違います。

お客様は常に迷っています。

だから、私たちは
お客様の迷いを払拭する必要があります。

例えば、あなたが宝石のセールスマンで、
本当はダイヤの指輪が欲しいけど迷っている奥様がいるとします。

彼女はこう言うでしょう。

「でも、お高いし…。
 勝手に買ったら、主人に怒られてしまいます」

この時、お客様に同調すると
「そうですよね、ではやめておきましょうか」
となります。

でも、彼女が望んでいるのはそんな答えではありません。

彼女が本当に言って欲しいのは、

「いいえ、大丈夫です。
 こんなダイヤをつけた、素敵な奥様を見てご主人は必ず喜ばれますよ。
 もし、お値段のことで何か問題があれば、私を呼んでください。
 私がご主人にもすべて説明させて頂きます」

という言葉なんです。

セールスは「女心」にも似ているのかもしれませんね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

メルマガ登録

Ray Cloudメディア












応援お願いします!

Sponsor



最新コメント

アーカイブ

ページ上部へ戻る